• ホーム
  • 中折れの悩みの改善方法は?

中折れの悩みの改善方法は?

セックスで挿入中に萎えて射精が出来なくなる状態は中折れとされ萎えているので本人は当然イクことは出来ず、相手の女性もオーガズムを感じないのでお互い不満が残る事態になります。
また不妊にも繋がるので妊活に支障が出る結果となります。
原因とされるのは『加齢からくる精力減退』『精神的ストレスの蓄積』『慢性の持病』の三つが挙げられます。

加齢の場合
性ホルモンの分泌が低下することで勃起をコントロールする射精閉鎖筋の機能が衰えて中折れになるパターンとされます。
ストレスの場合
下半身のことで女性からバカにされたり、職場の上司からパワハラを受けたりすることで自信を無くしてしまうことも大きく影響します。
また、私生活などで大失敗をして精神的に落ち込むことなので、男性ホルモンの分泌低下に繋がり最悪の場合は勃起不能になる事もあるとれています。
持病の場合
糖尿病や肝臓病や腎臓病などで特に糖尿病は精力が減退することはよく知られている病気です。

改善の方法としては、まず食事で栄養バランスを考えたうえで男性ホルモンを促す食事を摂ることが必要不可欠です。
血行が良くなったり血をサラサラにするDHAとEPAが含まれた青魚や玉ねぎやニンニクやニラ等は血栓を溶かす効果があります。
血液の循環を良くするイオウ化合物成分が多く、昆布やわかめやこんにゃくや果物や里芋などに含まれる水溶性食物繊維は血行が良くなります。
納豆は血液が固まるのを防いだり固まった血液を溶かして血行を良くするとされます。
生殖機能を働かせるには全身の肉体機能も適切に働かせる必要があるため年齢にあった運動をするのがポイントとなります。
そしてED治療薬を服用することも効果がある方法です。
セックス中に中折れしそうになっている場合は、自律神経が勃起のとき優位になる副交感神経が交感神経に切り替わっているので副交感神経を優位にすることがポイントです。
それが自分の意思で行うのが可能なのは呼吸で、吸うときは交感神経が優位になり吐くときは副交感神経が優位になるので、深呼吸を行なってその際吐くときに集中することが有効的な方法です。

途中で萎えると女性も不満が募っていく

中副交感神経を優位するための性行為中の深呼吸やペニストレーニングなどを繰り返しても中折れが改善されないという場合には、ED治療薬を利用して性行為を最後まで終えることを目指すといいでしょう。
男性が満足出来ないだけでなく途中で萎えると相手である女性も不満が募っていきますし、不妊治療にあたっている場合には妊娠できない要因になってしまうからです。
ED治療薬の中にはジェネリック医薬品も存在していますので、あまりお金をかけずに中折れ対策を施すことが可能です。
ED治療薬の使用方法としては性行為を開始する前の1時間くらい前に服用して、愛撫の中で興奮を高めていくというのが一般的です。
万が一頭痛や吐き気などの副作用を感じた場合には性行為には臨まず、水分を取った上で安静にするといいでしょう。
副作用が無いならそのままパートナーとの性行に突入して構いません。
ED治療薬には中折れ防止や連続しての性行為を可能にするなどといったメリットがありますが、男性のオーガズムを高めるという効果も見込めるようになっています。
また男性側の興奮度が高いことや連続しての性行為に挑めることから、女性側も普段より強い快楽を得られる可能性が高くなっています。
夫婦のマンネリ対策としてもED治療薬は効果的なので記憶しておくといいでしょう。
性行為は男性側が一方的に満足すればいいというものではなく、女性にも十分なオーガズムを与えることが大切になっています。
セックスに不満を覚えると男女間の中が冷え込んでしまう危険性があるからです。
中折れなど性行為の最中に相手を満足させられない要因を抱えているなら、自分の体質に合ったED治療薬を探して飲用するよう心掛けてみてください。

関連記事